【カルグクス】IKKOさん行きつけの巨済食堂の評価レビュー@南大門

韓国
スポンサーリンク

ソウルの南大門市場にある「カルグクス横丁」でカルグクスを食べて来ました。

その横丁の中でも、アナザースカイ等で紹介された有名店「巨済食堂」のレポートをお伝えします。

スポンサーリンク

カルグクスとは

朝鮮半島で食べられている麺料理の一種で、つるつる、モチモチの麺料理です。

「韓国式のうどん」とも呼ばれています。

個人的な感想としては、「すぐに噛み切る事が出来る、うどん」なイメージです笑

巨済食堂のアクセス

巨済食堂へのアクセスについて、ご紹介していきます。

巨済食堂は「カルグクス横丁」内にあるため、まずはカルグクス横丁を目指します。

最寄駅は地下鉄4号線の「会賢(フェヒョン)」駅となります。

出口は「5番出口」から外に出ましょう。

地上に出てからは、右折をし、徒歩10秒程度で「カルグクス横丁」の入り口が進行方向左手にあります。

カルグクス横丁の入り口は、見落としやすいので、気を付けて下さい笑

巨済食堂の位置

「カルグクス横丁」に入る際に気を付ける事があります。

それは、おばちゃん達の客引きが物凄いということ。

カルグクス横丁の両サイドには、異なるカルグクス屋さんが並んで営業をしています。

なので、他のお店に負けじと、横丁に入って来た客を取り合うのです笑

わたしが行きたかった「アナザースカイ」で紹介された巨済食堂は、カルグクス横丁の入り口を入り、右側の奥に位置しているお店になります。

客引きに負けずに頑張って奥のお店まで進みましょう!

巨済食堂のメニュー

席に座ると、メニュー表などは渡されずに、「何のセットが良いか?何番のセットが良いか?」とおばちゃんに聞かれます。

オススメなのは、ビビンバセットか、おこわ(チャルパッ)のセットです。

「折角カルグクスを食べに来たのに、カルグクスのセットじゃないの??」と思うかもしれませんが、この2つを注文すれば間違いありません。

理由としては、ビビンバやおこわのセットには、サービスでカルグクスが付いてくるからです!

つまり、この2つのセットを頼むと、カルグクスは勿論、ビビンバやおこわも食べれてしまうので、とってもお得です。

しかもサービスのカルグクスだからと言って、小さいサイズのカルグクスではありません!充分なほど、量があります!

それでは、写真を撮ってきたので、実際に見ていきましょう!

巨済食堂のビビンバセット

まずはビビンバのセットです。このセットは私が勝手にビビンバセットと呼んでいますが、実際は麦ご飯(ポリパッ)のセットとなります。

こちらがビビンバセットです!

ビビンバ(麦ごはん)、カルグクス、味噌汁、冷麺、キムチこれだけ沢山の料理が付いて来ます。

見て分かる通り、カルグクスは結構な大きさですよね笑

これがサービスで付いてくるなんて流石です。。

巨済食堂のおこわ(チャルパッ)セット

こちらが巨済食堂のおこわセットです笑、、めちゃくちゃ量が多い笑

おこわ、カルグクス、冷麺、キムチ、韓国のり、お味噌汁などが付いて来ました。

おこわに韓国のりを付けて食べたり、カルグクスのスープと一緒に食べたりしましたが、めちゃくちゃ美味しい!

個人的には、ビビンバよりもおこわセットの方が、色々な味を楽しめ良かったです。

さいごに

IKKOさんが行きつけの「巨済食堂」に行って来ました。

アナザースカイで取り上げられたりした影響もあり、日本人観光客で一杯でした笑

私は朝08:30頃に到着しましたが、既に沢山の方が食べており、違うお店のカウンターで「巨済食堂」の料理を食べました笑

朝ごはんにカルグクスを食べるとすると、08:00〜08:30あたりに到着しているのがベストかと思います。

価格は500〜700ウォン程度なので、めちゃくちゃコスパが良いです笑

また一見、セットの量が多くて食べれるか不安になりますが、不思議と食べれてしまうので、是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々