【コプチャン】弘大の絶品ホルモン焼き「江水コプチャン」がおすすめ

韓国
スポンサーリンク

韓国の名物であるホルモン焼きを弘大(ホンデ)で食べてきました。今回わたしが食事をした「江水コプチャン」のアクセスやメニューについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

江水コプチャン:営業時間

営業時間は15:00〜24:00だそうです。また休業日は月曜日と旧正月なので、休業日に重ならないように、気を付けましょう。

弘大であれば、美味しい飲食店が沢山あるので、最悪他のお店で食事を取ることも出来ると思います。

江水コプチャン:行き方・アクセス

江水コプチャンの最寄り駅は地下鉄2号線の「弘大入口(ホンデイプク)」駅となっています。

弘大入口駅に到着をしたらまずは9番出口へ進みましょう!

9番出口を出たらすぐ、進行方向左手側の道を進みます!

9番出口を左折後は十字路を2つ越えた後、右折をし直進していきます。

うまく言葉で表現が出来ないので、地図を掲載します。韓国のお国柄、現地でグーグルマップを利用出来ない場合があるので、注意して下さい。

さて、十字路を右折した後は、ずっと直進をしますが、「江水コプチャン」は道路沿いにはありません。直進している道路の脇道を入った所にあります。

脇道へ入る目印となるのは「ネイチャーリパブリック」です。進行方向左手に「ネイチャーリパブリック」が見えたら、そのお店の脇道に進みましょう。

ネイチャーリパブリックの道を入って、5メートルほど歩いた所(本当に道を入ってすぐの所)に「江水コプチャン」のお店があります。

江水コプチャン:内観

お店はテラス席とお店の中の席がありました。

今回訪れた時期は冬だったので、迷わずお店の中の席を選びました。

冬場はダウンやコートなどを着て、匂いなどが付いてしまうなど気にしてしまいますが、大丈夫です!

お店から大きめのビニール袋を貰えるので、バックと一緒にコートも入れてしまえば、そこまで匂いを気にする事は無いと思います。

若干、匂いは付いてしまいましたが、袋に入れないよりはマシかと思います。

江水コプチャン:日本語メニュー

江水コプチャンは、日本人観光客がよく訪れる様で、私達が日本人であることが分かると「日本語メニュー」を出してくれました。

写真は日本語のメニューの一部ですが、分かりやすい日本語で表示されていました。

今回私達は、お店のオススメである「ミノとホルモン」を注文しました。

江水コプチャン ミノとホルモン

さて「ミノとホルモン」をオーダーするとまず缶のコーラとおかず、そしてキムチチゲの様な物が置かれました。

缶コーラは特に注文してはいませんでしたが、置かれていたので飲んでしまいました笑

キムチチゲ?が煮立つ頃、店員さんが来て、鍋ごとテーブルに置き「どうぞ!」という事で、そのままお椀等によそわずに頂きました。(周りの皆さんもその様に飲んでいました)

頃合いを見て、店員さんが鉄板で既にやかれたホルモン達を持って来てくれます。

最初はホルモンそのままで持って来ますが、すぐに目の前で店員さんがハサミで細かく切ってくれました。

店員さんがホルモン達をハサミで切りながら、それぞれのホルモンについても説明して下さりましたよ!

あとは、コチュジャンや味噌、生のニラなどと一緒に頂きました。

2人前をオーダーしましたが、量も適量ですんなりと食べる事が出来ました。

クレジットカードが利用できる

お店では、クレジットカードでの支払いが可能となっていました。

海外旅行のオススメのクレジットカードは、海外保険が自動付帯されるエポスカードです。

予約

BHCチキンは、インターネット予約する事は出来ませんが、韓国内のお店やレストランは海外レストラン予約サイトのグルヤクで予約が出来たりします。簡単に出来るのでおすすめです。

さいごに

江水コプチャンのホルモンでお腹一杯になったら受けたいのがスパやエステでのマッサージです。当日予約も可能な現地オプショナルツアーベルトラで、お得にエステやツアーを予約してソウルを満喫すれば完璧です!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々