【見方】CICの信用情報を開示してみた。申込情報が消える時期は。

グッズ
スポンサーリンク

陸マイラー活動をし始めてから、クレジットカードを作る機会が増えました。

そんなある日、、、ついにその時が来てしまいました。そう、カードの審査落ち。。。。

今回は、クレジットカードの審査に使われるCICの信用情報について、紹介していきます。

スポンサーリンク

CICとは

主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。

「CICとは」より引用

という事で簡単に要約すると、クレジットカードの作成をする際に、企業がその人の信用を確かめる際に利用する情報を提供している所です。

記録はいつ消えるのか

さて、陸マイラー活動をしていると、クレジットカードを作る機会が増えてきてしまうと思います。

そして、ある一定枚数を越えてしまうと、「お金を借りまくってて、逃げられちゃうんじゃない?」と言う事で、クレジットカードの審査が落ちやすくなります。

そして、審査落ちすることに、、、、

実際に、クレジットカードを申し込みをするとCICの「申込情報」と言う箇所に情報が追加されていきます。

この申込情報は、6ヶ月間、何もクレジットカードや、オリコ等でローンを組んだりしなければ、キレイに情報が削除されます。

具体的には、6ヶ月後の月初めに情報が削除されます。

例えば、9月6日を最後にクレジットカードを申し込みをすると、「3月1日」に情報が削除されます。

これは、私が実際に、CICの情報を開示して確認したので間違いありません。

多重申込みで、審査落ちをしてしまった場合は、しっかりと「申込情報」がキレイに削除されてから、クレジットカードを作成するようにしましょう。

その他の情報について

その他の情報としては、

  • クレジット情報=お支払い状況や信用情報
  • 申込情報=クレジットカード、ローン等の申し込み情報
  • 利用記録=クレジットカード会社などが、モニタリングした記録

が、主にCICの情報に記録されています。

「利用記録」は、上記で紹介した通り、その人が信用ある人物か?と企業が再度その人をモニタリング(途上与信)した記録なので、この記録は残っていても大丈夫です。

CICの信用情報開示のしかた

手数料が1,000円とお金がかかってしまいますが、自分の信用情報を開示する事が出来ます。

CICの公式HPから、手続きする事が可能となっていました。

必要なものは、電話とクレジットカードとメモ帳だけ。

あとは、ガイダンスにそって手順を進めれば誰でも開示が可能となっています。

さいごに

クレジットカードで多くのマイルが獲得出来ますが、作り過ぎは注意が必要です。

もし、通常のクレジットカードの作成で審査落ちをしてしまった場合は、6ヶ月の休息期間を設けましょう。

また6ヶ月経ってみて、「あー、情報がちゃんと消えてるかな〜」と悩んでいるのであれば、1,000円を払ってCICの情報開示をするのがオススメです。

ハラハラするよりも、しっかりと自分の目で確認した方が、スッキリします。

私は、ちゃんと自分の目で確認することで、安心することが出来ました。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グッズ
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々