スポンサーリンク

リモワのルフトハンザモデルを個人輸入。購入前の準備まとめ

リモワ ルフトハンザモデルの外観 グッズ
スポンサーリンク

リモワと飛行機好きなら、一度は手に入れてみたい「リモワのルフトハンザモデル」を個人輸入しました。

今回は、ルフトハンザを購入した経緯と、個人輸入する前の準備について、実際に私がした事をまとめてみます。

(ルフトハンザモデルのレビュー)

【レビュー】リモワのルフトハンザ・プライベートジェットを購入した
ルフトハンザのプライベートジェットモデルの外側から内部までを、ご紹介していきます。最高のスーツケースです。
【レビュー】リモワのルフトハンザ・プレミアムコレクション(ステルス)
フランクフルト空港に行った際、現地の「World Shop」にて、リモワのスーツケースを購入して来ました。今回は、購入をした「リモワ ルフトハンザ アルミニウム ステルス」のレビューをしていきます。

リモワのルフトハンザモデルについて

購入する事が出来る場所

リモワのルフトハンザモデルを購入する事が出来るのは、ルフトハンザが運営している「World Shop」で購入する事が出来ます。ドイツなどにある実店舗や公式HPから購入する事が出来ます。

またWorld Shop以外の、日本のネット通販で購入することが出来る様なのですが、少々値が張り、予算的に合わなかった為、今回は個人輸入をすることにしました。

個人輸入する際の注意

「World Shop」のサイトから個人輸入する際は、直接日本へ配送する事が出来ません。何故なら、リモワがEU圏外に対して、規制を掛けている為です。ですので個人輸入をする際は、ドイツ又はEU圏内に倉庫を持つ転送サービスを利用して日本へ配送をします。

リモワを個人輸入する為の準備

個人輸入の転送サービスを決める

今回の個人輸入では、海外転送サービス「malltailモールテール」を利用して個人輸入する事にしました。なぜ「malltail」にしたかと言うと、ネット上で評判が良く、カスタマーサポートも日本語に対応しているからです。結果的には、とても満足したサービスでした。

転送サービスに登録をし、自分用の住所を確認する

転送サービスに登録をすると、自分用の住所が与えられます。World Shopから購入する際は、この住所が必要になりますので、確認しておきましょう。

World Shopにて購入手続をする

お目当てのリモワを探してみて下さい。通常のリモワモデルと名称が少々異なりますので、注意して下さい。

購入したリモワの種類

今回購入したリモワは「RIMOWA Lufthansa Private Jet Collection Multiwheel® L Trolley mit RIMOWA Electronic Tag 63.5L」です。ここで少し、このリモワについて紹介していきます。

Private Jet Collection(プライベートジェットコレクション)とは

ルフトハンザモデルの中のプライベートジェットコレクションとは、通常のリモワで言うと「トパーズチタニウム」モデルとなっています。

Electronic Tag(電子タグ)について

リモワとルフトハンザが共同で開発をした電子タグが、今回私が購入したモデルには自動的に付きます。(付いてきちゃいます。)因みに、プライベートジェットの85L26Lには電子タグが付いていません。

今現在「電子タグ」が普及していない事や、電子タグが無くてもスーツケースとして成り立つ為、購入時は正直「電子タグ無し版のプライベートジェットが欲しい」と考えていました。

そこでWorld Shopにメールで問い合わせをした所、現在はショップに出ている商品しか扱っておらず、電子タグが付いていないプライベートジェットの63.5Lは無いと言う事でした。

最後に

と言うことで、今回は「RIMOWA Lufthansa Private Jet Collection Multiwheel® L Trolley mit RIMOWA Electronic Tag」を個人輸入する事となりました。次回は、個人輸入をした際の流れや、どの程度の日数で購入出来たのかを紹介していきます。

リモワのルフトハンザ・プライベートジェットモデルを個人輸入した話
リモワのルフトハンザモデルを注文してから、どの程度時間が掛かるのかについて紹介をしていきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グッズ リモワ
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々