アロフトバンコクスクンビットのラウンジは?客室や空港アクセスを紹介ブログ

タイ
スポンサーリンク

タイはバンコクにあるマリオット系列ホテル「アロフトバンコクスクンビット11」に宿泊をして来ましたので、ご紹介して行きます。

今回は客室のアップグレードや、朝食会場、空港までのアクセスについて、ホテルの徹底解説&ご紹介をしていきます。

スポンサーリンク

場所

スカイトレインの「Nana駅」から徒歩7分程度の所に位置しており、ホテル周辺にはレストランやコンビニが沢山ある為、過ごしやすいロケーションとなっていました。

空港からのアクセス

空港からタクシーやウーバーを利用すれば、交通渋滞などによりますが90分程度で到着する事が出来ました。

空港→ホテルの際は、THB369で向かう事が出来、ホテル→空港の際は、THB419で移動する事が出来ました。

バンコクの交通渋滞はかなり酷いので、時間に余裕を持って行動しましょう。

設備

アロフトバンコクスクンビット11には、プールとジムが備わっています。まずは、プールの様子をご紹介していきます。

プール

プールサイドの様子はこんな感じ、、、

プールの端っこからは、ビル街を見下ろす事が出来ます。

プールサイドで横になる事が出来たり、、、

プール自体は、あまり大きくはありませんが、日光浴などをする分には丁度良さそうなスペースでした。

利用している人は、そんなに多くはありませんでした。

ジム

プールと同じフロアには、ジムがありました。

ダンベルや、テクノジム製のマシーンが備わっており、かなり充実している印象です。

トレッドパターンやクロスマシーンもあり、有酸素運動もする事が出来ます。

アップグレード

今回わたしは、1番スタンダードである「シックルーム・クイーンベッド2台」の宿泊予約をしました。写真は、アロフトのHPからの写真です。

19:00頃にアロフトでチェックインを済ませると、「プラチナ会員の為アップグレードをしました!」とのこと、、、「ブリージークイーン」にアップグレードされていました。

アロフトの部屋のランクはHPを見る限りだと、以下の様になっています。

  1. ウルトラサビースイート
  2. サヴィースイート
  3. スタイリッシュスイート
  4. ブリージールーム
  5. アーバンルーム
  6. シックルーム

今回は2ランクのアップグレードとなりました。

またチェックインの際にアロフト内のショップで使用出来る、無料ドリンクチケットを頂けました。

ラウンジ

アロフトバンコクスクンビット11では、残念ながらラウンジの設置はありません。

アロフト系列なので、ラウンジが無いのはしょうが無いと言う所でしょうか。。

宿泊記

ベッド

それではアロフトバンコクスクンビット11の、ブリージールームの紹介をしていきます。

ベッドルームに入った瞬間に思ったのが、「広い!」でした笑

大型テレビが設置されている他、左手にはソファー、右手にはデスクがありました。

わたしのお部屋のお気に入りポイントはソファーでした。観光で疲れて部屋に戻ると、決まってソファーで寛いでいました笑

コンセント

お部屋の中にはベッドのサイドテーブルや、デスク脇などに、写真の様な三つ口のコンセントが設置されていました。

わたしは、カメラやiPhoneなどの充電の際、変圧器などを使用せずに日本で使っている時と同じように使用していましたが、何も問題はありませんでした。

使用する製品の対応電圧などを確認してから、利用しましょう。

洗面台

洗面台についての紹介です。洗面所自体は基本的な物でしたが、少し気になったのは、、、

洗面台のスミに置かれていたのは飲料水の瓶。

「洗面所の蛇口の水で口をすすぐのは危ないってこと??」と思い、歯ブラシなどの際は、この飲料水を使用していました。

この飲料水は、毎日補充されています。

アメニティ

お部屋の中にあった、アメニティ類についてご紹介していきます。

まずは、洗面所に置いてあったアメニティ類。

歯ブラシ、ボディローション、ひげ剃りなど、基本的な物は全て揃っていました。

そして、ヘアドライヤーも設置されていました。

こちらはミニバー類。ここにも飲料水の瓶が置かれていたので、やはり洗面所に置かれている物は口をゆすぐ用なのでしょうか?

クローゼットの中には、ふかふかスリッパと、、

バスローブが備わっています。

写真にも少し写っていますが、アイロンとアイロン台もありました。

シャワールーム

そして肝心なシャワールームについてのご紹介です。

シャワーのヘッドは固定式でした。また水圧も全く問題ありませんでした。さすがはマリオット系列のホテルです。

シャンプーとシャワージェルも備わっているので、特に日本から持って行く必要はありません。

トイレ

トイレは紙を流しても大丈夫なトイレでした。

朝食

朝食について、ご紹介していきます。

朝食の時間は以下の通りです。

  • 月~金曜日:06:30~10:30
  • 土~日曜日:06:30~11:30

朝食会場はかなり広く、また料理も多いので、とても満足出来る会場でした。

厨房を囲んだテーブルに料理が並べてあり、ビュッフェ形式です。

ヨーグルトやサラダや、、

パンケーキ、ワッフル、フレンチトースト、、、

エッグステーションもあり、お好みのオムレツや目玉焼きなどを作って貰えます。

メインはタイ系のお料理です。パクチーなどはあまり入っていなかったので、苦手な人でも大丈夫そうです。

結構おいしい料理が沢山あります、、、、

甘いパン系の種類が豊富でした、、

 

ヌードルバーもあり、好きな麺と好きな具材を器に入れて渡すとヌードルを作ってくれます。

ドリンク類はフレッシュジュースやミルク、スムージーなど種類が豊富でした。

フルーツ類も盛りだくさんでした。

さいごに

バンコクのアロフトスクンビット11について、ご紹介してきました。

ホテルは設備なども良く、周辺も色々と便利なお店が多く、とても使いやすいホテルとなっていました。オススメのホテルです。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ 宿泊記
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々