【宿泊記】JWマリオット・クアラルンプールのデラックスルームをブログ的口コミレビュー

マレーシア
スポンサーリンク

クアラルンプールに滞在した際、JWマリオット・クアラルンプールに滞在しました。宿泊予約をした客室は、デラックスルームとなります。

今回は、客室の様子などについて、ご紹介していきます。

繁華街のブキッビンタンから近く、観光をする上で、立地は最高に良いホテルでした。

スポンサーリンク

立地について

クアラルンプール国際空港(KLIA)からは、配車アプリのGrab(グラブ)を利用して約1時間程度、交通渋滞となる夕方以降では約90分程度で、ホテルまで向かう事が出来ます。

またクアラルンプールの繁華街であるブキッビンタンのメイン通りに面しており、大型ショッピングセンターの「パビリオン」までは、徒歩1〜2分程度と、観光するに当たり物凄く好立地にあるホテルでした。

ブキッビンタン駅にも徒歩5〜6分程度で向かう事が出来ます。

プラチナのアップグレードについて

わたしは「なんちゃってマリオットプラチナ」なので、チェックイン時に空室があればアップグレードされる…かもしれませんでしたが、滞在した期間はGWや土日を挟んだ行程だった為か、アップグレードは特にありませんでした。

その代わり、角部屋のお部屋にして頂いたので、静かなホテルステイが出来ました。

またプラチナステイタスの特典である、ホテル内のラウンジも利用可能となっていました。

ベッドの様子

今回の宿泊では、ツインベッドをお願いしていました。

お部屋自体はスタンダードな客室となっていますが、そこそこ広く開放的な客室となっていました。

デスク

ベッド付近には、デスクが設置されていました。

またチェックイン時には、Wi-Fiについての案内があったので、インターネット関係も問題ありません。

ただ少しインターネットの速度が遅く、Wi-Fiを利用せずにインターネットをする事が多かったです笑

ミニバー

写真の通りコヒーやミネラルウォーターのほか、冷蔵庫の中にもドリンクが用意されていました。

ミネラルウォーターは毎日、ベッドメイキングの際に人数分補充されていました。

セーフティボックス

ミニバーの下の棚に、セーフティボックスが用意されていました。

コンセント

客室の中には、沢山のコンセントがあったので、充電口に困ることは無いかと思います。

因みに形状はこんな感じとなります。特に日本のプラグであれば、変換プラグを使用しなくても利用する事が出来ました。

念の為、利用する機器の電圧をご確認下さい。

バスルーム

バスルームとトイレは一緒のタイプとなっていました。

シャワールームは、バスタブも設置されており旅行の疲れを癒やすのにちょうど良かったです。

シャワーの口は、ホースと、天井から降ってくる物の2つの口となっていました。

こちらがバスタブです。結構深さがあります。

アメニティのご紹介です。基本的なアメニティは全て揃っていましたので、特に個人で何も用意していなくても大丈夫なレベルが揃っていました。

また洗面台の引き出しには、小さいヘアドライヤーが付属していました。風量も結構強く、個人的には何も問題なく使用する事が出来ました。

さいごに

クアラルンプールのJWマリオット・クアラルンプールのデラックスルームに宿泊をしてきました。

空港からの立地や、繁華街からの距離などを考えると、観光をする上ではかなりの好立地にあるホテルと言えます。

繁華街からも近い為、人気の高いショッピングセンターのパビリオンや、美味しい地元の料理店、電車の駅に向かうことが、スグに出来るのでオススメのホテルです。

》ExpediaでJW マリオット クアラルンプールを検索する
》agodaでJW マリオット クアラルンプールを検索する

またホテルの従業員の方々のホスピタリティも高く、とても居心地の良いホテルとなっていました。

クアラルンプールに滞在する際は、またJWマリオット・クアラルンプールに宿泊したいと思うホテルとなりました。

【shook!】JWマリオット・クアラルンプールの朝食レビュー
クアラルンプールの繁華街ブキッビンタンにある「JWマリオット・クアラルンプール」に宿泊して来ました。今回は、JWマリオット・クアラルンプールの有料朝食会場となる「shook!」について、ご紹介していこうと思います。朝食会場の...
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マレーシア 宿泊記
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々