追加のお客様の料金はマリオットベストレートギャランティに含む?

スポンサーリンク
宿泊記

マリオットのベストレートギャランティを申請する際、「追加の料金のお客様」は申請レートに含んで申請を行うのでしょうか?

今回は、わたしの実体験を踏まえながら、「追加のお客様の料金」について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ベストレートギャランティとは

マリオット公式HPから予約した客室の料金が、他のサイトより高ければ、ベストレートギャランティに申請することが出来ます。またマリオット公式ホームページから予約した時のみ、ベストレートの申請を行う事が出来、予約から24時間以内に申請する必要があります。

リクエストが承認された場合は、客室を比較対象料金と同額としたうえで、さらに比較対象料金から25%の割引 (Design Hotelsでは20%割引)、または5,000Marriott Bonvoyポイントが付与されます。

マリオットの客室が25パーセントオフになるのであれば、申請しないのは損ですよね。。

追加のお客様の料金

さて、マリオットのベストレートギャランティは、審査が結構きびしめです。

客室タイプ、滞在日数、及びキャンセルポリシーが同一であること。税金やサービス料が含まれる前の客室の総額費用で比較するなど、条件が多々あります。

追加のお客様の料金は含まれる?

ベストレートギャランティは、1つの予約に対して1回の申請。時差の関係上、約1日かかる申請です。そんな事もあり申請の際は、かなり慎重になります。笑

今回わたしが予約した客室の内容には「追加のお客様の料金」が含まれていました。これは、1部屋に3名の宿泊で予約する等、通常よりも多い人数で宿泊をする際に出てくる項目となります。

それではこの「追加のお客様の料金」は、サービス料・税金を抜いた客室の総額に含まれるのでしょうか?それとも、含まれないのでしょうか?

結果

マリオットのベストレートギャランティを申請してから約半日後、マリオットからメールが届きました。審査の結果はと言うと……

「追加のお客様の料金」は、サービス料としてカウントされていました。

つまり、「追加のお客様の料金」は、サービス料・税金を抜いた客室の総額に含まれずに比較されていました。

わたしは今回、「追加のお客様の料金」を申請レートに含んで、申請をしていた為、今回は申請が却下されてしまいました。残念です。。。

さいごに

マリオットのベストレートギャランティの申請レートに、「追加のお客様の料金」が含まれるのか?について紹介してきました。是非これを参考にしてベストレートギャランティの承認に役立てて下さい。
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宿泊記
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々