【鉄道で移動】ローマからベネチアはレイルヨーロッパ予約がオススメ

スポンサーリンク
イタリア

ローマからベネチアまでの移動手段として、高速鉄道を利用して移動をしてきました。

今回は、ベネチアまでの移動手段の考察と、おすすめな高速鉄道チケットの予約方法についてご紹介していきます。

ヨーロッパでの高速鉄道を予約するのに、「レイルヨーロッパ」でチケットを購入することがお得でした。

スポンサーリンク

移動手段について

ローマからベネチアまでの移動手段として、以下の3つが挙げられます。

  • バス
  • 飛行機
  • 高速鉄道

それでは、それぞれの移動手段について、考察していきます。

バスでの移動

まずバスについては、値段は安いですが、ローマからベネチアまでの移動に沢山の時間を必要とします。時間をロスすると言う点で、あまりオススメではありません。

飛行機での移動

次に飛行機です。搭乗するのはイタリアの国内線とはなりますが、外国と言う不慣れな土地でありますし、結局は空港に時間の余裕を持って向かう事になるかと思います。その為、搭乗時間は短いですが、トータルでは値段が高い割に、拘束時間が長い為、オススメはしません。

高速鉄道での移動

最後に高速鉄道ですが、ローマからすぐに乗車することが出来、比較的安く移動が出来る為、誰にでもオススメな移動手段であります。

そんな訳で、今回は一番ポピュラーな移動手段である、高速鉄道でベネチアまで向かうことにしました。

高速鉄道の予約について

レイルヨーロッパについて


現地のチケットブースでアタフタしながらチケットを購入したくなかった為、先にネットでチケットの予約をする事にしました。

予約に利用したサイトは、「レイルヨーロッパ」です。

このサイトは、日本語のサイトなので、目的地までのチケットを確実に&お得に手配できるので、オススメです。

またローマからベネチアまでの列車の場合、複数の鉄道会社が目的地まで運行をしています。

レイルヨーロッパでは、日本の乗換案内アプリの様に、複数の鉄道会社の料金や時間帯などを比較しながら、自分に合ったチケットを手配する事が出来るのが特徴です。

予約について

出発地と目的地、日付、時刻を入力して検索する、ごく普通の乗換案内の様なサイトです。

出発・目的地名は、ローマやベネチアなどの地名でも対応しています。

イタロ鉄道の様子

以下の紹介は、今回わたしが実際に予約をした際の流れとなります。

前述の通り、ローマからベネチアまで高速鉄道を走らせている鉄道会社は複数あります。

わたしが今回予約したのはイタロ鉄道の高速列車です。わたしの鉄道会社の決め手は、ベネチアの到着時間で決めました。

チケット検索をすると、乗車する際の座席クラスを選択する事が出来ます。

イタロ鉄道の場合のチケット券種は、「スタンダード」と「プレミアム」の選択が可能となっていました。

幸運な事に、チケットの予約を早めに行った為、「プレミアム」が「スタンダード」より安いという現象が起きていました。ラッキーです。笑

そんな訳で迷わず「プレミアム」を選択し、チケットの発券を行いました。

購入時期や残りチケットの残数によって、価格が変動する様なので、レイルヨーロッパでお早めにチケットを確保する事がオススメです。

(↓イタロ高速鉄道の乗車レビュー↓)

【イタロ鉄道】プリマクラスのブログ的口コミレビュー!サービスなど高評価
ローマからベネチアまでの移動の際、イタロ高速鉄道のプリマクラスに乗車し移動してみました。高速鉄道の乗り方の流れと、プリマクラスについて紹介していきます。

購入価格について

因みに、出発予定の約2ヶ月前程度に購入した際、2名の旅行者で総額11,900円になりました。

出発予定の1ヶ月前にサイトを見た際は、同じ券種で1名当たり12,300円と記載されていました。

早めにチケット確保をしていたので、かなりの額を節約する事が出来ました笑

決済について

レイルヨーロッパの決済は、クレジットカードやコンビニ支払い、ペイパルに対応しているので、殆どのキャッシュレス決済に対応していると言えます。

私は、アメリカン・エキスプレス・カードを利用して決済を行いましたが、問題無く決済する事が出来ました。

さいごに

ローマからベネチアまでの移動手段の考察とチケットの購入サイトについて、ご紹介してきました。

レイルヨーロッパは、日本語サイトなので、目的地までのチケットを確実に手配でき、お得にチケットを手配する事が出来ます。

何よりのメリットは移動の当日に、現地のチケットブースであたふたせずに、移動する事が出来るので安心です。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イタリア 旅行記
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々