【トレド展望台】アクセスはタクシーが早い!ミラドールデルバイエへ。

2018トレド展望台の様子 スペイン
スポンサーリンク

マドリッドから高速鉄道で約30分程度で訪れる事が出来る「トレド」には沢山の観光地があります。今回はその中でも、絶景のミラドールデルバイエのアクセス方法や風景、注意点について紹介いたします。

スポンサーリンク

アクセス方法

トレドの展望台「ミラドールデルバイエ」に向かう方法は4つほどあります。

  1. 2階建てバスの「トレドシティツアー」
  2. 列車型のミニバス「ソコトレン」
  3. タクシー
  4. 徒歩

ソコトレンや、シティツアーは、トレドの主な観光地を周回で巡ります。その為、時間にゆとりが有る方は、料金もお安く、色々な名所を巡るのでオススメと言えます。

しかし今回の私の様に、トレドを日帰り(しかも殆ど半日)で観光する様な方にとっては、ソコトレンやシティバスは時間がかかり過ぎてしまうと思うので、タクシーがオススメです。

タクシーの料金や時間について


今回私は、アルカサル(軍事博物館)の前からタクシーで、ミラドールデルバイエまで向かいました。金額的には、10€程度でした。また乗車時間は、10分もかからずスムーズに向かう事が出来、時間を有意義に使う事ができました。

タクシー利用の注意点

但し、タクシーを使ってミラドールデルバイエに向かう際の注意点があります。それは、展望台に付いてからトレド市街地に帰るまでの足を用意できるか?という事。今回私が乗ったタクシーでは、降りる際に「5分くらい写真を撮ってから帰りたいのだけど、待っててくれますか?」とお願いをしてみましたが、答えはNOと言われてしまいました。

他のアクセス方法である、シティバスやソコトレンは5〜10分程度の写真タイムがあり、一通り写真を撮り終えてから、展望台を出発するというスタンスでした。

タクシー利用時は時間を気にせず写真を撮れるけれども、帰りの事を少し気に掛けなくてはいけないというのが注意点となります。

ミラドールデルバイエ展望台からの風景


展望台からの風景は写真の通り、トレドの市街地が一望出来る素晴らしい場所となっていました。ここからの風景は、インスタ映え確実です。

展望台からは歩ける!

タクシーが帰ってしまったので、暫く展望台で待ってみてもタクシーは中々来ませんでした。来るのは、シティバスやソコトレンばかり。諦めて徒歩で歩いて市街地まで帰ることにしました。

ただ展望台という事もあり、基本的に帰り道は下り坂のみ。体力があれば充分徒歩でも帰る事が出来ました。所要時間は約30分〜40分程度。天気が良ければ素晴らしい風景を横目に見つつ、ハイキングをしながら市街地まで辿り着く事が出来ます。

まとめ

トレドの展望台「ミラドールデルバイエ」に向かう方法は、シティバス、ソコトレン、タクシー、徒歩がありますが、日帰りの方はタクシーがオススメです。タクシーに乗車する際は、帰りも乗っけて貰えるか確認をしましょう。

それからミラドールデルバイエから市街地に向かう道は、多少時間がかかりますが、歩いて向かう事が出来ます。風景は最高です。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スペイン 旅行記
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々