【LH740】ルフトハンザ航空のビジネスクラス搭乗記!フランクフルト→大阪

ドイツ
スポンサーリンク

フランクフルトから、関西国際空港までを、ルフトハンザドイツ航空のビジネスクラスに搭乗してきました。

搭乗した際の機内の様子や、サービスについてレビューしていきます。

スポンサーリンク

LH740の機内の様子について

搭乗する機材は2階建てで、1階部分と2階部分にビジネスクラスが分かれていると言う事でした。2階建ての飛行機に搭乗した事が無かったので、事前に2階の座席を指定しました。因みに2階部分は全てビジネスクラスでした。

シートについて

窓際の席だと、下の写真の様に、リュックや小物をサイドのスペースに収納する事が出来たので、少しお得感があります。

トイレについて

1点気を付ける事は、2階部分のトイレは前方1箇所にしかありませんでした。またトイレが空室がどうかのランプが小さかった為、外で待っている方が多かった気がします。どうしても、、、、と言う方は、1階のトイレを利用するよう案内されていました。

LH740のアメニティについて

アメニティはノーブランドですが、ルフトハンザドイツ航空のマークが入っているオリジナルポーチでした。普段使いにも利用出来そうなオシャレなポーチです。中身は、歯ブラシや保湿クリーム等、標準的な物が入っていました。

因みに、ポーチは前の液晶の下にある小物入れの中に、お水が入っているペットボトルと一緒に入れてあります。実は最初、私はポーチを見つける事が出来なかったので、書いておきます笑

LH740の機内食について

離陸後

洋食と和食を選択する事が出来ました。洋食はメインをローストビーフorイワナの唐揚げから選択する事が出来たので、私はローストビーフをチョイスしました。

因みに和食のメインは、蕎麦と仔牛ほほ肉の味噌煮が付いて来ている様でした。

着陸前

着陸前には朝食として、洋食のスクランブルエッグもしくは、和食の鮭の柚庵焼きを選ぶ事が出来ました。朝食も私は洋食をチョイスしました。朝ごはん時に提供される100%のフレッシュオレンジジュースが最高にフレッシュで美味しかったです。。笑

テーブルについて

食事を頂く際のテーブルの出し入れが、少しやり辛かったので、ご紹介しておきます。テーブルの収納されている箇所は、肘掛け部分となります。これは席に付けば分かりますが、テーブルが中々収納されている所から引き出せません笑

収納されているテーブルを思いっきり下に押し込むと、テーブルが出てきます。逆に収納する際も同様で、なかなか収納されませんが、思いっきり下に押し込むと収納されます。

ちょっと力がいりますが、テーブルの出し入れには注意しましょう。

さいごに

フランクフルトから関西国際空港まで、ルフトハンザドイツ航空のビジネスクラスに搭乗してきました。2階建ての機材と言う事で、2階に席を指定しましたが、正解でした。

トイレは2階に1つしか無い為、そこがポイントとしてありますが、2階は全てビジネスクラスと言う事と、少人数の空間なので、キャビンクルーの方のサービスが行き届いており、とても快適に過ごす事が出来ました。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドイツ ルフトハンザドイツ航空
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々