【CA970】ビジネスクラスで行く中国国際航空エアチャイナの搭乗記

エアチャイナ
スポンサーリンク

シンガポールのチャンギ空港から北京国際空港まで、中国国際航空(エアチャイナ)を利用してフライトをしました。

今回は、エアチャイナCA970便のビジネスクラスの搭乗記として、機内の様子やサービスについて、ご紹介していきます。

ディレイ等が多発する中国国際航空ですが、今回のフライトはいかに…?

スポンサーリンク

中国国際航空(エアチャイナ)とは

名前の通り中華人民共和国の航空会社でフラッグシップキャリアとなります。

中国最大のスターアライアンス加盟航空会社となっています。

台湾のチャイナエアラインとは違う航空会社となっているのでお間違いなく。

また、ディレイが多発する航空会社としても有名??でもあります笑

ディレイはいかに、、、

さてCA970便のシンガポール出発定刻時刻は23:25となっていました。

結果は、、、、

ディレイでした笑

23:30過ぎにやっと機材が搭乗ゲートに到着し、そこからクルーの方たちが準備に取り掛かるという状態に。

00:05に時間変更という事になっていましたが、結局シンガポールを出発する事が出来たのが01:00頃となってしまいました笑

中国などで乗り継ぎを考えている方は、少し時間にゆとりを取って航空券の手配をした方が良いかもしれません。

CA970便のビジネスクラスシートについて

中国国際航空CA970便のビジネスクラスのシート周りについてご紹介していきます。

シートは、割と新しいシートの様でした。

シートはフラットになり、足を伸ばす事が出来ます。

前のモニターとオットマンとの間に小さな小物入れがありました。個人的にはこのポケットが意外と使いやすく便利でした。

モニターには中国国際航空(エアチャイナ)が表示されています。モニターも大きく見やすいモニターでした。

シートのリクライニング時に使用するリモコンです。

CA970便ビジネスクラスのコンセント

USB端子のコンセントが前のモニター部分と、シートの後ろに1箇所ずつ設置されていました。

CA970便ビジネスクラスのアメニティ

今回、CA970便で配られたアメニティのご紹介です。

化粧品メーカーのロクシタンとコラボしているアメニティポーチが配られました。

ポーチの中身はロクシタンのボディーローションとリップクリームが入っていました。

その他は、ノーブランドのウェットティッシュ、歯ブラシ、歯磨き粉、アイマスク、耳栓、クシが入っていました。

CA970便ビジネスクラスのヘッドホン

エアチャイナのロゴ入りのヘッドホンが配られました。

オーディオ機器の端子は、3本の口となっていましたので、自前のイヤホンやヘッドホンなどは変換プラグなどが無いと使用が厳しいです。

CA970便ビジネスクラスの機内食

エアチャイナCA970便で頂いた機内食の紹介をいたします。

この便は深夜出発という事もあり、機内食をスルーするかしないかを事前にキャビンクルーから聞かれます。

メインディッシュは上海ヌードとサイシン(チンゲン菜みたいな野菜)の炒め物 or 四川海老炒めとチャーハン となっていました。

こちらは上海ヌードルの様子です。

上海ヌードルが結構本格的で美味しかったです。

チキンの添え物やフルーツは食べたり食べなかったりしました。

こちらは四川海老炒めとチャーハンになります。

個人的には、上海ヌードルが美味しかったです。

CA970便ビジネスクラスのドリンクについて

中国の航空会社という事もあり、プーアル茶や烏龍茶など、多種多様な中国茶が取り揃えてありました。

さいごに

中国国際航空(エアチャイナ)のCA970便のビジネスクラスを利用してきました。

ディレイの事を除けば、とても満足出来るフライトとなりました。

キャビンクルーのサービスもとても丁寧で、色々とお手伝いして頂けました。

余談となりますが、北京国際航空でのトランジットは時間帯によっては、かなり時間を要します。

今回CA970便を利用した際の、北京国際でのトランジットに掛かった時間は運良く30分もかからない程度でした。

北京の到着時刻が早い時間の為か、人は殆どおらずスムーズに乗り換える事が出来ました。

ディレイや乗り継ぎの事を考えて、余裕を持ったフライトをオススメします。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エアチャイナ 中国
月並みイチカ マイルと旅ブログ云々